親子塾えすてぃむの志命

 親と子がたがいに自己肯定感を育み合う教育をスタンダードにする
 
 親子塾えすてぃむ創立のストーリーはこちら

言葉マジックコーチング

親御さんが子どもの“自己肯定感”と“学びへの好奇心”を育む言葉マジックを学び、実践していきます。

言葉マジックコーチングとは?

なぜ親御さんが欲しい成果がつくれるのか?

 

親子塾えすてぃむが大切にしていること

1. 同じ目線で対話をする
親御さんと白根、お子さんと白根、そして、塾生同士が同じ目線で対話をする学び合いの場をつくります。「そもそも何のために学ぶのか?」「何ができるようになりたいか?」といった本質的な問いもじっくり考えていきます。

2. じぶんのペースで学びたいことを学ぶ
「自分でやると決めたことで突き抜ける」という言葉を大切に、学びを深めています。もちろん夢に向かうための教科学習についてもサポートしています。
自らの体験を通して、人は成長していきます。「失敗」を私たちが先回りして取り除くのではなく「経験」として見ることをえすてぃむでは大切にしています。

3. つながりの中で気づきを得る
人はつながりの中で生きています。「何のために学ぶのか?」「誰のために学ぶのか?」という問いを持ちながら進めていきます。話すこと(アウトプット)によって、吸収すること(インプット)がより楽しく深まっていきます。
また、親子塾えすてぃむでは、毎月親向けの勉強会『イエナプラン教育勉強会』や、お子さん向け学び合いクラス『ワクワク土曜学校』を開催しています。

 

えすてぃむをどう使えるのか(お子さん向け)

 

セッション時間の使い方を自分で決めることができます

「今日のクラスはどんな時間にしようか?」

この問いから、毎回のセッションがスタートします。お子さんがえすてぃむのクラスをどう使いたいか決めて、紙に書き出すことからはじめます。「目標・夢の明確化」「不安の解消」のために、クラスの時間をすべて使うこともあります。慣れないうちは、どんなことがしたいか、いっしょにアイデア出しもします。

 

◎ 安心安全な場で、話すこと(アウトプット)ができます

「アドバイスすることなしに話を聴いてもらう経験」は、子どもたちに圧倒的に不足しています。お子さんが安心安全を感じながら話せる場を提供します。

 

◎ 教科学習(国・数・英・理・社)を基本からていねいに見ます

親子塾えすてぃむのスタッフは教科学習の楽しい学び方を習得しています。お子さんが「やる」と決めたときには教科学習も見ることができます。

 

◎ 世界の名作ボードゲームができます

世界のボードゲームの中には「計算力を育むもの」「コミュニケーション力を育むもの」「思考力を育むもの」など学習ツールとしても秀逸です。大人も子どもも関係なく同じ目線で楽しめますし、“ぬくもり”を感じることで自己肯定感を育む効果があります。